「木」を感じる家づくり

日本人は、やはり「木」の家が落ち着きます。

 

たとえ壁の中に隠れても…何十年もかけて育った木は、躯体として家を支えてくれます。

そんな木を大工としての目線で扱い、「感謝」の気持ちを込めて仕事をさせて頂いております!